海外転々としてるけど、やってることは特に日本と変わらない

沢山歩いて、お家を見つけて、人と出逢って、ご飯を食べて、仲良くなったり、恋をして、寝るだけ

オランダ アムステルダム ファンデーションコースの実態<大学入学への道のり>

夕方5時、自転車専用道路は帰宅する人達で混み合っている。
閉店前のパン屋さんにプレーンの食パンを一斤頼むと紙袋にクロワッサンが二つ入っている。 

「もうお店閉めちゃうから、おまけね」

とウインクする彼はオランダ人の学生バイトらしい。

 

お久しぶりです。アムステルダムはこんな街です。


 

f:id:rio1348:20201217210729j:plain

今年の9月からオランダ、アムステルダムの大学生活がが始まりました。と言っても私はまだファンデーションの段階なので本物の大学生活とはちょっと違うのかもしれません。

 

ファンデーションコースとは

大学入学に必要となるAレベルを取得していない留学生のための大学進学準備コースのことをいいます。規定の成績を修めて修了すれば、大学学部への進学の道がひらけますコースの内容は、短期間で語学、専門分野の知識が得られるように基本的にプログラムされています。

本当のところ、アメリカ、アジア、ロシア、アフリカなどヨーロッパ以外の高校教育を受けた学生はファンデーションが必須らしいです。ヨーロッパらしいですよね。

大学の学費よりも高いお金を払ってまで世界中の学生がファンデーションコースに入学し、大学入学を目指します。何だかんだ文句を言いつつ学生一人一人がここに来た理由を果たしにそれぞの楽しみ方で学生生活を送っています。

 

個人的な意見ですが、2020年、コロナの影響を受けながらここアムステルダムまで来た学生達は結構な頑固者達の集まりだと思います。

 

みんな自分の意思が強く、意見は曲げず、いい意味で頑固です。

 

ちなみに、オランダの大学には留年制度がありません。なので大学の単位を落とせばもうその大学に在学することはできないとのこと。ひぇー。怖い。

単位を落として他の大学を受け直したりファンデーションに入り直したりしたというのはよく聞くは話。油断しているとファンデーションも落ちることがあるとか。怖い!怖すぎる!

 

ということで、真面目に勉強しながらここまできました。

 

授業は殆どオンラインで週2回、木曜日と金曜日にオフラインで授業があります。

クラスの皆とおしゃべりをして、先生達に「距離を保って!」と言われながら大声で笑ったりしているのが現状です。

実際、各自で気をつけてはいますが、学生ホテルに泊まっている学生の多くは普段顔を合わせ、ほっぺたをすり合わせている仲なので、今更距離を保っても…。

 

試験は中間試験と期末試験。進学希望簿大学によって必要なパーセンテージが違うので要注意!とにかく必要最低限の点数を取っていればいいのです!大学に進学さえできれば!ファンデーションコースとはそういうコースなのですから!

 

 

ランキング参加中です。

応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村


人気ブログランキング