海外転々としてるけど、やってることは特に日本と変わらない

沢山歩いて、お家を見つけて、人と出逢って、ご飯を食べて、仲良くなったり、恋をして、寝るだけ

色とりどりのアイスクリームと私達

Ariちゃんの天気予報は今まで当たったことがありません。

「今日の午後は雨が降るらしいわよ」と言っていたので、前から気になっていたアイスクリーム屋さんにAriちゃんと行くことにしました。

 

こんにちは、今日は太陽が雲に隠れることもない晴天です。


 Lansdowne駅の近くに、昔ながらのコーヒーショップの隣に目立たない様に立っているアイスクリーム屋さんがあります。お店の前には二つの長いベンチが置かれ、中に入ると、カウンターと椅子が置かれ、反対側には色取り取りのアイスクリームが置かれています。毎年、イースターからオープンし、冬には閉まってしまうこのアイスクリーム屋さんの評判はどこを見ても、聞いても好評価です。

 

気分も天気もいいので、用意されたベンチには座らず歩き出しましたが、風が強いので、Ariちゃんの束ねられた長いカーリーヘアーはあちこちに飛んでいきます。

 

さて、アイスクリームを食べながら私達は

 

白人は黒人やアジア人の顔を見分けられないのに、犬は見分けられる

 

というSNSに載っていたジョークについて話ていました。

 このジョークは、白人が呆れる度の愛犬家であることがジョークの趣旨です。それを目の当たりにしている私と、白人のAriちゃんはこのジョークが可笑しくてたまりません。

 

彼女のお父さんは、犬を見て「この犬の毛並みはいいね、顔つきも凛々しくて」とまさにこのジョークにぴったりの人らしいです。

 

トロントの地下鉄では、犬と一緒に乗車することが出来ます。盲導犬は勿論、普通のベットとして飼われている犬との乗車も可能です。ケージに入れる必要はありません。

普通のレストランにも、犬用のメニューがあることもあります。とても犬と暮らしやすい街です。

 

”自分とは違う人種を見分けることが出来ない”と口にする人達がいます。自分たちの角度からではなく、他の角度からつくられたこのジョークを聞いて”感じたもの”があるとしたら、彼らも同じように感じていると思います。

 

20種類ほどあるアイスクリームの中で私が選んだのは茶色と白のアップルパイ味、そしてAriちゃんが選んだのは同じ色をしたマキアート味です。

 

同じ色でも味は全く違いました。