海外転々としてるけど、やってることは特に日本と変わらない

沢山歩いて、お家を見つけて、人と出逢って、ご飯を食べて、仲良くなったり、恋をして、寝るだけ

素直になれないアラサー女

夕方、午後5時でもトロントから見る太陽は上がったままだ。 そして、気温は日に日に上がっていき、今の段階で26度だが、強い日差しのせいか、体感温度はその上をいく。 道ゆく人々は肌を思う存分出して、夏のファッションを楽しんでいる。 おはようございま…

刺青の入った警察官

近所に人気のドーナツ屋さんがある。 店内に入るとドアにベル付いているベルが鳴り響き、甘い香りが迎えてくれる。 綺麗に並べられたドーナツ達をカウンターから眺める。 日本のドーナッツよりも大きく、主張が強い。 これでもかとのせられたホイップクリー…

あなたはあなたでしかない

自分の色を包み隠さずさらけ出した人々がトロントに集まった。 トロンの中心街、殆どの大通りは封鎖され、人びとは歩き出す 誰からも縛られることのない、自分は尊厳を奪われることのない存在だということ世間に見せつけるかの様に、その姿はとても気高く私…

海外なんて行かなくていい

2ヶ月前に買ったまだ傷一つないシャンパンゴールドのMacBook Airを開く。 先日、トロントのクイーンストリートの小さな雑貨屋さんで売っていたシール達に一目惚れした。 座りながら足を伸ばしている黒猫とブラジャー姿で2匹の猫と一緒にいる女の子をディス…

パンにカビ

太陽が昇りきった空をバルコニーから眺めながら、キッチンへ向かう。 朝ごはんには遅すぎる時間だが、もう随分この生活をしているので、治らない。 ルームメイトがバイト先であるパン屋さんから持ってきてくれる新鮮なパンが私の毎朝の楽しみだ。 しかし、新…

政治の話はキッチンで

淹れたばかりのコーヒーの香りが漂うキッチンで、いつもの立ち話が始まる。私たちは滅多に座って話をしない。 起きたての体にコーヒーを流し込みながらルームメイトのAriちゃんの話に耳を傾ける。 仕事先で、同僚の年が一回り違う白人女性が同僚のアジア人男…

英語を勉強する意味が分からない日本人学生

地下鉄の乗り換え地点でるブロア・ヤング駅は東京の高田馬場に似ている。 いろんな人が行き交う駅の近くにその大きな図書館はある。 カフェと隣接しているその図書館は、入るとコーヒーの香りが出迎えてくれる。 ラウンジには噴水と池、階数が多いので二台の…

イタリア女性とオイスターバー

待ち合わせの場所に少し遅れてきた彼女は年齢を感じさせないキメの細かい素肌に化粧を一切のせず、ミュウミュウピンク色の太いフレームのメガネを掛けていた。個性的な形のメガネは彼女にとても似合っていた。 ユニオンステーションは広く入り組んでいて新宿…

打倒アメリカ、バスケットバールの歴史が変わった日

「今日の記憶を忘れるな!」 トロントの中心街、日本でいう渋谷交差点で私たちは勝利の喜びを噛みしめる。 鳴り止まないクラクション、歓声、雄叫び、火薬が弾ける音、全ての音が騒がしく、日常から離れていた。 足が軽い、スキップをしながら、道ゆく人々に…

カナダ、トロント在住インド人男性の爽快

車内で聞き慣れない陽気な歌が流れる。 助手席から車を運転している友人を眺める。 褐色の肌を持つ彼は15歳の頃よく聞いていたという自国の歌を気持ち良さそうに歌っている。 「インドでこの曲を聞いてた俺に、 将来、トロントで日本人の友人とドライブしな…